想いをカタチに

看板の種類と特徴

  • HOME »
  • 看板の種類と特徴

kanbannosyuruitotokucyou

 屋上看板

ビルやマンション、建物の屋上に設置されている大型看板のことです。

巨大サイズなので遠方からも認識でき、視認性は抜群です。

 

ポール看板

側面からの視認性を重視した看板です。大型看板なので走行中の車の中からなど、

無意識のうちに視界に入ってくる大型店舗などによく使用される看板です。

 

電飾看板

看板本体の中に蛍光灯(電球など)を取り付け、内側から照らし看板面を主張する

内照式が一般です。昼夜問わずに営業宣伝が可能で、集客に貢献。最近では、軽量で

サビに強いアルミ素材が主流です。。

 

野立看板

店舗用看板(案内看板)などに利用される屋外に立てる看板です。

少し遠くから案内・宣伝されていると集客・販促に役立ちます。

 

テントサイン

テントに店名を貼付けたサインです。

このサインで外観の雰囲気も変わります。

 

壁面看板

建物の壁に専用両面テープやビスなどで固定したプレート看板などです。

壁に取り付けるプレート式の看板はほぼこの部類に入ります。

 

ステンレス看板

錆びない・腐らない・長期間にわたり光沢が変わらないという特徴があり、

チャンネル文字や看板のフレーム及び面板などに使用します。

 

置き看板

木枠やトタンなどで枠を組み、広告面を貼り付けて電柱などに立てかける

看板のことです。安価なものが多いのも特徴です。

 

スタンド看板

お店の看板にはおなじみの折りたたみ式の看板です。

パネルディスプレイにセールのイベントを入れてイーゼルやポールスタンドに立てて

販促・案内をしたり、会社などではセミナー企画などで会場の案内などに利用されています。

 

チャンネル文字

立体的な文字のサインです。 デザインされた文字をレーザー加工機などで切断して

板金の曲げ加工によって文字の立ち上がり面を字の形に曲げて文字の厚みを作ります。

ビルやお店などの壁面に取り付けることが可能です。

 

ウィンドーサイン

ガラス面にカッティングシートやインクジェットシートを貼ったサインです。

店舗では店名や営業時間などでよく使用します。

 

懸垂幕・横断幕

コシのあるテント地のような素材(ターポリン)へ直接印刷します。

ポールサインや百貨店等のビルの壁面に取付けて、イベント時やバーゲン等の告知によく使用され、

高いアピール性があります。コストもお手軽ですが、強風の日は取り外しが必要。

長期の使用には向きません。表示変更の際、交換作業が容易に行えるのが魅力です。

 

のぼり

専用のポールに広告面をプリントした布を旗のようにしてとりつける看板です。

視認性もよく短期使用に適したサインの一つです。

 

カーマキング

走る看板。 移動広告塔。

自社の営業車、トラックなどに会社の特徴をイメージするデザイン・ロゴマーク・

企業の業務内容・連絡先をマーキングした車を使えば車が行く先々で自然に人の目に

とまるはずです。

 

 

上記のご紹介は代表的な看板です。
モリデザイン工房では規格外のオリジナル看板も自社で製作しております。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

デザインから施工までお任せください TEL  0884-44-6507 営業時間 AM 9:00〜PM 6:00
定休日 土・日・祝日

PAGETOP
Copyright © Mori Design All Rights Reserved.